スポンサードリンク


中古住宅Navi > 不動産知識について教えて?


【不動産知識について教えて?】 の記事一覧


貯金100万で買える物件は?


家賃   :無
勤続年数 :5年
現在の年収:300万
現在の貯金:100万
相談内容 :年収300万で、買えそうな物件の相場が知りたい、また、とりあえず
      安いマンションを買って、その間に貯金して新しいマンションを買たいと思う。

融資額は平均的に年収の5倍ですが、必ず融資されるとは限りません。
年収300万ということは、月収約25万

返済は4分の1が妥当です。(6万〜7万程度)
逆算して計算していくと、1000万以下の物件でぎりぎりだと思います。

7万×12=84万×20年=1680万
これは無金利の計算です。

金利は変動しますので、調べてみてください。
ざっと、20年で、残額2500万〜3000万支払うことになると思います。

金利を入れると、月収の3分の1が支払いになり
プラス、マンションの管理費(修繕積立金)、固定資産税などがプラスされます。


頭金の100万は、仲介手数料、登記代などの諸費用でなくなりますので
引っ越し代が無くなりますね。
諸費用をローンに組み込めますが、さらに支払いが厳しくなります。


この物件を転売するのは、残念ですが不可能だと思います。
購入代金に、ローン金額がプラスされた金額以上で売れなければ
利益がでません。

貯金がもう少しあれば、競売物件などの方法がありますが
今回はもう少し、頭金を貯めたほうがいいと思います。

タグ:貯金 年収

契約後の解約について


手付金と異なりもっと注意が必要となるのが残金支払い後の
解約で、特に賃貸物件の場合です。

特に1月〜3月は賃貸物件の場合、動きがとても早く
ほとんどのケースが空き予定で契約になる場合がほとんどです。

ここで重要なのは契約なのですが、この時点でも契約する事は可能ですので
不動産業者は、早く契約しないとお金にならないので契約を当然急ぎます。

残金の支払いですね。
残金とは保証金(敷金、礼金)、仲介手数料、その他諸費用を
既払いの手付金から差し引いた額の事です。

この残金を支払ってしまった後から「解約したい」となった場合
残金は戻らないと思っておいたほうがいいです

重要事項説明書にも明記してありますが、表現は難しく書かれてます
「契約後の解約は入居後の解約とみなし、当事者の一方が契約を解除場合
借主は1ヶ月前、貸主は3ヶ月前に申し出る事とし
入居後の残金を差し引いて借主に返還する事とする。」

つまり、残金を支払った後はよほどの理由が無い限り既払い金は不動産業者の仲介手数料
大家への礼金、1か月分の家賃を差し引いて返還されるということです。

「まだ、契約書に印鑑も押してないし、保証人の印鑑もまだ・・」
というケースも多いですが、契約書はあくまでもお金とは別問題で
お金を支払った時点で契約に履行しているといえますね。

逆に契約書だけ完成していて、お金を支払っていない場合
業者が請求しても契約者は支払いませんね

特に年度替りの3〜4月と結婚シーズンの9〜10月に多いトラブルです。
後で部屋を見てから、思っていたのと違うとならないよう
疑問点はしっかり不動産業者の方に聞いておきましょう

手付金について


手付金は一般的には賃料の一か月分、売買物件の場合は
販売金額の約10%が相場となっています。

勿論、これ以上でも以下でも問題はありませんが、あまりにも金額が少ないと
不動産業者が受け付けてくれないケースや、後日追い金を求められます。

この手付金は、売買代金や賃貸の契約代金に充当されます。
同時に解約手付金となりますので注意が必要です。
契約書には難しい表現で書かれている場合が多いです。

「手付金は解約手付けとし、双方のいずれかが契約に着手しない場合、
借主は手付けを放棄して、また貸主はその倍額を支払って解除できるものとする。」
つまり、手付金を支払った時点で契約が成立しているのですが
残金を支払わない時点では、借主(買主)は手付金を放棄して

貸主(売主)は手付金の倍額を支払えば契約が解除できると言う事になります。

1度支払った手付金はよほどの事がない限り戻ってきませんので
注意が必要ですね。

ただし、重要事項説明書といって手付金を支払う場合には
必ず、この書面を宅建主任者が免許証を提示して説明する必要
ありますので、この説明を受けていない

または書面に捺印していない場合は、不動産業者に責任が
ありますので、業者に追求する事は可能です。

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。