スポンサードリンク


中古住宅Navi > 中古住宅 のメリット、デメリット



中古マンションのデメリット


中古マンションのデメリットです

1、資産価値が上がらない

中古住宅の場合、特に中古マンションの場合は
資産価値があがりません。中古住宅でも1戸建ての場合は土地が
あるので、資産価値が上がる可能性がありますが、マンションは
区分所有権なので、土地の評価はほとんどありません。

従って、購入したした金額より高く売れるという事は
よほどの事がない限り、無いと言えるでしょう。

2、管理費が高い

中古マンションは新築マンションに比べて管理費が
高いのが一般的です。

この管理費の中には修繕積み立て金も含まれます。
管理費は主にエレベーターの維持費、点検費や貯水タンクの
清掃費用、その他外灯などの交換費、清掃費などに使われます。

修繕積立金は主に建物の外壁塗装や大規模な修繕の為に
事前に積み立ていく制度です。修繕費の積立金がないと
建物を修繕する事ができません。

この修繕積立金が中古住宅の場合はかなり高くなります。
新築物件と比較してみて下さい。

新築マンションの場合はたいてい、管理費が積立金も含めて
1万ぐらいですが、中古マンションの場合は大抵の場合が
3万ぐらいします。

しかし、新築住宅の場合もいずれ年数が経つと管理費は値上げされて
いくと思います。そうでないと大規模な修繕費をまかなえないからです。


逆にいつまでも管理費が上がらないと、その建物自体修繕積立金を
ストックしていないのでは?思われます。これも非常に危険です。


3、住宅ローン控除の適用除外

新築住宅の場合、住宅ローン控除というものが適用される
ケースがほとんどです。

住宅ローン控除とは住宅ローンと借り入れ残高の最大1パーセントが
所得税から控除され、その所得税が還付される制度で
最大10年間適用されます。

つまり、あなたのローン残高の1パーセントが10年間返ってくると
いうありがたい制度です。

ですが、中古住宅の場合は適用されないケースがあるので
注意が必要です。

特に、古い物件の場合はほとんどが適用されません
これは価格が安い分仕方ありませんが
購入前には必ず事前に確認しておいて候補の対照にするかどうかを決めましょう。

中古マンションのメリット


中古マンションのメリットです。

1、値段が手ごろで比較的購入しやすい

築年数にもよりますが、中古マンションの場合は
比較的購入しやすいのがメリットです。

築年数を気にしなければ、1,000万円台の中古マンション
かなりあります。

また、競売物件を探せばもっと安い値段で探す事も可能です。
競売物件とは、担保等の理由でその物件が差し押さえられてしまい

裁判所によって最低価格を決め、それより高い値段で入札したかたに
落札される制度です。通常の相場よりも3割程度安く購入できますが、
現金でしか購入する事はできません。



2、中古マンションは物件が豊富

エリアを限定して住宅を探す場合、中古マンションの場合は
物件の数が新築マンションに比べて豊富にあります。

ですので、間取り、駅からの距離、利便性、周囲の環境など
あらゆる角度から検討し、探す事ができます。

また、実際のまわりの環境も整っているため、住み心地の
良さなどを近隣の方から情報を集める事もできます。



3、中古マンションは値段が下がりやすい

比較的中古マンションは値段が下りやすい傾向にあります。
理由は、1戸建てと違いさまざまな理由で購入される方が
おられますので、諸事情により手放す方もたくさんおられます。

売る側にとってはデメリットですが、購入する側にとっては
このうえないチャンスです。

しかも売り急いでおられる方がいらっしゃれば更に値段交渉も
可能になります。このような情報をすばやくキャッチできれば
かなりのお買い得になります。

中古住宅1戸建てのデメリット


中古住宅1戸建てのデメリットです。

1、冬が寒い
中古住宅、新築住宅に関わらずですが、特に中古住宅の場合に
多い問題です。一戸建ては基本的に木造住宅が多いですので
隙間風が多くなります。

特に古くなって来ると、窓のサッシなどに歪みがでてきます。
普段生活してると意外と気付かない事ですが、よくよく見てみると
歪みがでています。1戸建てが寒いといわれるのはこの原因が多いようです。


2、修繕費がかかる

特に中古住宅ですが、修繕費が以外にかかります。
内装より外装です。外壁の塗料関係は大体10年位が寿命です。

この塗料は、雨が降っても水がしみ込んでこないように防水加工
をしてあります。

この塗料が、剥がれてくると雨水がしみ込みやすくなりますので
木造関係は腐りやすくなります。これも意外と普段見落としがちな
ところです。

3、固定資産税が高い

分譲マンションと比べてですが、中古住宅であっても自分の
土地がもてる分だけ固定資産税が高くなります。

当然、資産価値が上がれば上がるほど、税金は高くなります。
また、新築の1戸建てでは、住宅ローン控除というのが最大10年
適用されますが、中古住宅では適用されないケースもあります。

これも事前に確認しておくと非常に有利です。


他にもありますが、大きく分けると以上の3点が中古住宅1戸建ての
デメリットです。



中古住宅、1戸建て


中古住宅1戸建てのメリット

自分の敷地が持てる。

マンションの場合は区分所有権の為何百世帯の内の
一つを区分所有権として持ちますが、1戸建ての場合は
きちんと自分の土地(敷地)を持つ事ができます。

区分所有権の場合(分譲マンション等)はその評価が上がる事は
非常に難しいと思えますが、1戸建ての場合は違います。

中古住宅であっても建物自体は評価されませんが、土地は
評価されます。つまり土地の評価額が上がればあなたが中古で
住宅を購入したとしても資産価値が上がる事になります。


2、駐車スペースがある住宅だと、駐車場費用がかからない

駐車場代はけっこうばかになりません。
仮に月額1万円としても1年で12万です。
10年間駆り続けると120万もかかります。
しかも、駅に近いとなるともっと高い駐車料金になります。

中古住宅でm駐車場付きと駐車場無しでは天と地ほどの
差があります。


3、建て直しが出来る

マンションの場合は基本的に建て直しが出来ません。
また、修繕関係も居住者の合意(過半数以上の同意)が必要です。
つまり、自分ひとりの意思で修繕できるのは内装部分だけです。

その点、1戸建ての場合は持ち主様の単独の意見で建物の修繕や
立替が可能です。

ただし中古住宅の場合、建築基準法の改正等のよって立替や増改築が
出来ない建物もありますので、購入前には必ず確認する事が必要です。


他にもまだまだありますが、大きく分けるとこの3点が中古住宅の
1戸建ての場合のメリットといえるでしょう。

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。