スポンサードリンク





中古住宅の相場を知る方法


中古住宅を購入する時は、一度はその住宅に足を運ぶと思います。
物件を一件や二件ぐらいみても、物件の相場観を養うことは出来ません

仲介業者はプロなので、住宅のよくない情報はやや抑え気味に話して
良い情報は強調して話してくることは当たり前のことと考えてたくさんの物件を自分の目で見て確認することで、相場観を養うことが一番大切です。

仲介業者が進めるからといって、自分の予算以上の住宅を見るのは予算に合った物件を見るときに見劣りを感じてしまいますし、予算を増やしてしまう原因にもなりかねませんので、予算の範囲内の物件を確認して、相場観を養うようにしていきましょう。

いくつもの住宅を見ることで、自分に必要な条件をいくつもピックアップしていき、チェックする目を養い、それぞれの物件の微妙な違いを見分けていきましょう。

5軒以上みていくとなんとなくコツがわかると思います。

たくさん見たからから物件の相場観がわかるわけではありませんが、いろいろ確認することでそれぞれの物件の地域の情報や近隣の情報、街のイメージなども知ることができます。

また、物件の購入の決め手となる大切な情報を入手することにつながります。

見ている間に良い物件を逃してしまう場合もないとは言えませんが、焦って高い住宅を購入してしまうリスクを考えれば、何度も何度も確認するぐらい物件を見たほうが得策でしょう。

中古住宅の購入は、何度もするものではないですし、高額な買い物なので慎重に購入を進めていかなければなりません。

すこしでも納得して購入できるように
物件をたくさん見て、しっかりとした相場観を養っていきましょう。

⇒中古住宅ランキングへ
スポンサードリンク

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/90259856

この記事へのトラックバック

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。