スポンサードリンク





「掘り出し物」の物件はあるのか?


とてもキレイで広いのにこの値段!なんて物件がたまにあります。


掘り出し物だと喜んで思い切って契約をしてしまうケースも
あると思いますが


まず、常識で考えると良い物件ならやはり高い値段が付きますし
条件が悪い物件にはそれなりに安い値段が付くようになっています。


慌てて掘り出し物だと喜ぶ前にある程度の情報を入手する必要があります。


たとえば、周囲の環境や近隣の善し悪しなど、住んでみないとわからないような情報の落とし穴がある場合があります。


マンションの場合で言うなら、作られた時期によって、コストを下げた
適当な作りの悪いマンションの場合があります。


壁や床が薄ければ騒音は避けられませんし、リフォームの時期などが
早くなってしまう可能性は十分にありますし、
日当たりや眺めが良くてもそういった点で値段が下げられている場合があるので、気をつけましょう。


ある程度調べればわかる範囲の問題であればいいのですが、
掘り出し物と呼ばれる安い物件には
権利関係の問題やトラブルが潜んでいる場合もあります。


例えば、所有者が複数居たり、売り主以外の人が住んでいたりもします。


所有者と売りに出してる人が違ったりする場合は相続トラブルの最中だったりするケースがよくあります。


このような場合は弁護士や法律関係の業者に依頼しなければ
いけない羽目になることもありますので
もし、掘り出し物だと思ったら、どうしてこんなに良い物件なのに
この値段なんだろうと一度は必ず疑い、詳しく調査してみましょう。

⇒中古住宅ランキングへ
スポンサードリンク

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。