スポンサードリンク





中古住宅の価格とは?


中古住宅の価格とは、いったいどのような方法で決められているのでしょうか?
中古住宅の価格は、事例比較法で決められている場合が大半です。

事例比較法とは、物件の周辺の取引の事例を集めて比較する方法です。
この事例比較法を使って出された標準の相場を基に価格は決められています。
標準の相場は、まずよほどの原因が無い限り、大きく変化することはありません。

つまりいろいろな売買の事例や標準の相場を基にして、その物件がどのくらいプラス要因やマイナス要因があるかを計算して査定額を計算しているのが事例比較法です。

このように、中古住宅の価格は、加減点法で計算されている場合がほとんどです。
加減点法とは、もともとの点数を100点からはじめ、物件の周りの環境や利便性、住宅の劣化の状態や設備がしっかりとしているかなどの情報を基に計算していく方式です。

よってマイナス要因が少ない物件は標準相場より高い価格で売り出され
マイナス要因が多い物件は安い価格で売り出されていることになります。

しかし、例外もあります。
売り主が業者の査定を無視して高値で売り出している物件もあり
このような場合は標準相場が高いからといっても良い物件とは限りません。

この場合を見極めるためには、他の同じような物件も
見せてもらい常にそれらの物件と比較するのが最善の方法といえます。

明らかな金額の差がある場合で
加減点法で計算してみても高い場合は良い物件とは言えません。

また、逆に売るのを急いで標準相場より安く売り出している物件
中にはあり、このような物件はいゆる掘り出し物のオススメ物件です。

中古住宅を探す際に予め標準相場を知っていれば、良い物件や悪い物件
安すぎる物件や高すぎる物件を判断する事ができます。

中古住宅の価格を判断するために、標準相場は前もって調べておきましょう。

⇒中古住宅ランキングへ
スポンサードリンク

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/90249482

この記事へのトラックバック

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。