スポンサードリンク





中古住宅の建て替えが出来ない参考例


中古住宅で建築物の建て替えが出来なかった参考例です


市街化調整区域の中古住宅で分家住宅(兄弟姉妹等)の許可で建築され、許可を受けていない
別の人が初めからすんでいた。(再建築できる場合もあります。)
市街化調整区域の場合は漁業や農業を営む方の住居目的としてのみの建築が原則となっています。

また、調整区域では比較的価格が安く土地も広いというメリットが
ありますが立替の場合は既存住宅の1.5倍までという条例があります。
従っていくら土地が広くても建物を二つ建てるという事はお子様の家を
建てるぐらいしかできません。(例外もあります)

市街化調整区域で店舗(美容室や文房具やなど)の許可で建築されていて実際には住宅として利用されていた。
(建物だけを見ると店舗の許可であるとはまったくわからない)

市街化区域の普通の住宅だが、私道の幅員が不足していて再建築できない。

(建物を建てたときは道路に接している土地だったが、後に道路に接している部分をほかの人に売却してしまったため再建築できない土地になった。)

都市計画区域に入っており、ゆくゆくは計画道路が通る土地だった為
建て替えができない。
※道路計画は市役所の都市計画に行って道路計画があるかどうかを
聞くと教えてくれますに、道路予定地図を貼り出しています。
(必ずしも道路が通るとは限らないので売るに売れないケースもあります)


以上、ご参考にされて下さい。

⇒中古住宅ランキングへ
スポンサードリンク

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。