スポンサードリンク





中古住宅は建て替えできない?


購入した中古住宅の土地が、建て替えできない土地の場合もあります。
市街化区域と市街化調整区域に注意しましょう。

市街化区域とは、読んで字のごとくすでに市街地を形成している区域で
おおむね10年以内に優先的かつ計画的に市街化を図るべき区域の事をいいます。

市街化調整区域(調整区域と略します)とは、この市街化区域を抑制するための区域の事で
山林地帯や農地などが中心で、基本的には建築行為は許可されません
ただし、漁業や農業を営む方の住居や国、都道府県、指定都市が建てる
建造物などは例外的に許可を得られます。

どちらも住宅を購入する事は可能ですが、調整区域ではいろんな制限が
設けられますが比較的価格は安いです。(土地の価格自体が安い)

しかし、市街化区域だから再建築ができるとは限りません。建物が建っているのでつい安心して
しまいがちですが、土地購入と同じ注意を持って確認しましょう

建物が建っているのだから再建築もできるだろうと考えてはいけません。
地目が宅地だから大丈夫というわけでもありません。

一番の大きな理由は道路関係です。基本的に道幅が狭いと立替すら難しくなると
思っておいたほうがいいかもしれません。

消防法の関係もありますが、よく前面道路が車一台なんとか通れるくらいの
広さだったとします。このケースはまず、建て替えは不可!と思ったほうが
いいでしょう。

火災があった場合に消防車が通れないからです。
ここは慎重に選びましょう。


⇒中古住宅ランキングへ
スポンサードリンク

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/86207810

この記事へのトラックバック

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。