スポンサードリンク





中古住宅の仲介手数料


中古住宅を購入する場合はほとんどの場合が仲介手数料が
かかります。


仲介手数料とは物件を契約した時に不動産屋さんに支払う
手数料の事です。

不動産屋さんはこの仲介手数料が収入源になり、売主からと
買主からそれぞれ物件の契約金額から3%+6万円を報酬として
受け取る事ができます。

ただ、物件の仲介に一つの不動産業者が売る側と買う側の
お客様を仲介する事は少なく、たいていの場合はそれぞれ
売主は売主側の仲介業者へ、買主は買主側の仲介業者に支払う
ケースがほとんどです。


この仲介手数料を支払わなくてもいい場合があるのが、物件の
売主と直接契約することです。

これは、新築住宅の場合に多く見られます。
不動産業者が土地を買占め、そのまま売主として分譲を開始する。

この場合は仲介手数料を支払う必要がありません。


まとめますとこうなります。

▼新築住宅の場合は売主の分譲が多く、仲介手数料を支払わなくて
いい場合が多い。

▼中古マンション(中古住宅)の場合は売主ではなく仲介の
場合がほとんどなので仲介手数料を支払わなくてはいけない。

例外がひとつあります。
新築の分譲を売主ではなく仲介業者が、その物件を紹介した場合

※これは売主が、自社で物件を販売する事が困難で他の仲介業者に
販売を紹介した場合によくあります。


中古住宅を購入の際は特にこの仲介手数料を契約金額とは
別に支払わないといけない事を念頭に置いておきましょう。



⇒中古住宅ランキングへ
スポンサードリンク

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/83911994

この記事へのトラックバック

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。