スポンサードリンク





中古住宅は迷ったら購入しない事


中古住宅の場合、仲介による売買になるので値段には若干の変動があります。

土地の価格や建物の築年数、内装関係、そのた備品等により
価格を算定しますが、あと売主様の売却希望価格というものが
あります。

どうしても売主さんがこの価格で売りたいと言えばその価格で
売り出す事もあります。


相場より高く売れる事もありますし、安く売れる事もあります。
売主さんが全く急いでない場合、値段が下る事はありません。
逆に相場があがってしまったり、売主さんが

「やっぱり、もっと高く売りたい」と言えば値段が上がる事も
あります。

また、売主さんが売り急いでいる場合、安くなる事があります。
これは購入者にとっては願ってもないチャンスです。


このような場合、売主さんは早くうってしまいたい為に
購入者を急がせます。○○月まで待てない。早く決めて欲しい。


購入者の方は迷いますね。もう少し待った方がいいのか?
本当に必要なのか?ここでは、値段ばかりにきを取られてしまって
他の事が見えなくなってしまいます。


一番失敗するのはここです。


勿論、安いに越した事はありませんが、10万20万のものでは
ありません。下手をすると一生すみ続ける家です。


ここは値段に左右されるのではなく、何故欲しいのか、
周りの環境はどうか?住みやすそうな環境かどうか、
本来調べなければいけない事を必ず調べてからにしましょう。


ここで、値段やすいからと迷ってしまった場合の返事は
きっぱり「No」です。

慌てなくても、気に入った物件が必ず見つかります。

⇒中古住宅ランキングへ
スポンサードリンク

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/83407945

この記事へのトラックバック

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。