スポンサードリンク





中古住宅の過去履歴を調べる


中古住宅の過去履歴を調べる事は中古住宅を購入の
必須業務といえます。


中古住宅の過去履歴の調べ方↓↓↓↓
「法務局で登記簿謄本を閲覧する」

登記簿謄本は中古住宅の契約前に行われる
物件の重要事項説明時に「重要事項説明書」と一緒に
購入者に渡されるようになっていますが、この土地建物に関して
全ての権利を取得するという事になります。


全ての権利という事はいい事も悪い事も全てですね。
もし仮にですが、売主が住宅ローン以外のローン組んでいて
その土地に抵当権が設定してあったしましょう。

その抵当権が抹消出来ていなかった場合、
その物件が差し押さえられる可能性もありますね。

事前にご自分で確認されておくほうがよいでしょう。


登記簿謄本は法務局で手数料を払えば、誰でも簡単に
閲覧する事ができます。費用も数百円です。


また、閲覧だけでは不安な方は写しを持って帰る事も
出来ますので、じっくりと確認するようにしましょう。


閲覧方法は調べたい土地建物の住所の地番を調べます。
地番とは住所のように○丁目○番○号ではなく

○○町○○○番地というように表示されています。
(地番の調べ方は法務局で教えてくれます)


当たり前に全て宅地だと思っていたものが、実は敷地の半分が
農地になっているなどけっこうあります。


また、中古住宅に多いのが借地です。つまり建物と
土地の所有者が別で建物の所有者が土地の所有者に土地代を
支払って建物を建てています。


このようなケースで住宅を購入する場合、土地の所有者と
建物の所有者とそれぞれで契約する必要があります。


他にもいろいろなケースがありますので所有者や不動産屋さんの
話を鵜呑みにするのではなく、自分自身で過去履歴を調べていくと
いいでしょう。




⇒中古住宅ランキングへ
スポンサードリンク

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/83101831

この記事へのトラックバック

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。