スポンサードリンク





中古マンションのデメリット


中古マンションのデメリットです

1、資産価値が上がらない

中古住宅の場合、特に中古マンションの場合は
資産価値があがりません。中古住宅でも1戸建ての場合は土地が
あるので、資産価値が上がる可能性がありますが、マンションは
区分所有権なので、土地の評価はほとんどありません。

従って、購入したした金額より高く売れるという事は
よほどの事がない限り、無いと言えるでしょう。

2、管理費が高い

中古マンションは新築マンションに比べて管理費が
高いのが一般的です。

この管理費の中には修繕積み立て金も含まれます。
管理費は主にエレベーターの維持費、点検費や貯水タンクの
清掃費用、その他外灯などの交換費、清掃費などに使われます。

修繕積立金は主に建物の外壁塗装や大規模な修繕の為に
事前に積み立ていく制度です。修繕費の積立金がないと
建物を修繕する事ができません。

この修繕積立金が中古住宅の場合はかなり高くなります。
新築物件と比較してみて下さい。

新築マンションの場合はたいてい、管理費が積立金も含めて
1万ぐらいですが、中古マンションの場合は大抵の場合が
3万ぐらいします。

しかし、新築住宅の場合もいずれ年数が経つと管理費は値上げされて
いくと思います。そうでないと大規模な修繕費をまかなえないからです。


逆にいつまでも管理費が上がらないと、その建物自体修繕積立金を
ストックしていないのでは?思われます。これも非常に危険です。


3、住宅ローン控除の適用除外

新築住宅の場合、住宅ローン控除というものが適用される
ケースがほとんどです。

住宅ローン控除とは住宅ローンと借り入れ残高の最大1パーセントが
所得税から控除され、その所得税が還付される制度で
最大10年間適用されます。

つまり、あなたのローン残高の1パーセントが10年間返ってくると
いうありがたい制度です。

ですが、中古住宅の場合は適用されないケースがあるので
注意が必要です。

特に、古い物件の場合はほとんどが適用されません
これは価格が安い分仕方ありませんが
購入前には必ず事前に確認しておいて候補の対照にするかどうかを決めましょう。

⇒中古住宅ランキングへ
スポンサードリンク

この記事へのコメント

こんな時だからこそ、生きてる内に思いっきり楽しんでおきたい…
不謹慎なんて言うなよな!いっちまったら何もできないんだから…(´・ω・`)
http://scd4-r8.glinds.info/
Posted by 備えあれば憂いナシ!! at 2011年03月19日 20:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/82594749

この記事へのトラックバック

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。