スポンサードリンク





中古住宅、1戸建て


中古住宅1戸建てのメリット

自分の敷地が持てる。

マンションの場合は区分所有権の為何百世帯の内の
一つを区分所有権として持ちますが、1戸建ての場合は
きちんと自分の土地(敷地)を持つ事ができます。

区分所有権の場合(分譲マンション等)はその評価が上がる事は
非常に難しいと思えますが、1戸建ての場合は違います。

中古住宅であっても建物自体は評価されませんが、土地は
評価されます。つまり土地の評価額が上がればあなたが中古で
住宅を購入したとしても資産価値が上がる事になります。


2、駐車スペースがある住宅だと、駐車場費用がかからない

駐車場代はけっこうばかになりません。
仮に月額1万円としても1年で12万です。
10年間駆り続けると120万もかかります。
しかも、駅に近いとなるともっと高い駐車料金になります。

中古住宅でm駐車場付きと駐車場無しでは天と地ほどの
差があります。


3、建て直しが出来る

マンションの場合は基本的に建て直しが出来ません。
また、修繕関係も居住者の合意(過半数以上の同意)が必要です。
つまり、自分ひとりの意思で修繕できるのは内装部分だけです。

その点、1戸建ての場合は持ち主様の単独の意見で建物の修繕や
立替が可能です。

ただし中古住宅の場合、建築基準法の改正等のよって立替や増改築が
出来ない建物もありますので、購入前には必ず確認する事が必要です。


他にもまだまだありますが、大きく分けるとこの3点が中古住宅の
1戸建ての場合のメリットといえるでしょう。

⇒中古住宅ランキングへ
スポンサードリンク

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/82179460

この記事へのトラックバック

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。