スポンサードリンク





中古住宅の土地の相場を知る


中古住宅の土地の相場を知る方法です。
中古住宅の場合、建物は残存期間に比例しない事は以前お伝えしました。

中古住宅の適正価格

建物の相場を知る場合はやはり近隣を調べるのが
一番いい方法ですが、これも賛否両論です。

不動産屋さんの意見を鵜呑みにしていまうのも不安が残りますね。
私自信もいろんな方に相場を聞いてまわった事がありますが
どれが本当の事かわからない事が多いです。

実は、土地の評価額は自分でもある程度調べる事ができます。
それは国税庁が公開している路線価格表を参考にします。
↓↓
国税庁が公開している路線価格表です。
⇒路線価図・評価倍率表

この路線価表を元に国税庁は固定資産税を算出しています。
最初はちょっと見づらいかも知れませんがだんだん慣れてきます。

これは、あらゆる道路の評価額が平米単位で表示されいます。
例えば105Dや105Eというように表示されているところは
1平方メートルの単価が10万5千円という事です。

これをつぼ単価に直すと
105000×3.3/u=346500円という事になります。

実際の相場は実勢価格といいまして、実際の取引でつけられる値段になりますので
これより高くなるケースがほとんどです。

ただ、全く何も知らないよりもある程度自分の中に知識を入れておくと
不動産屋さんの話がスムーズに入ってきます。

中古住宅の場合、売主は高く売りたい、不動産屋さんも高く売れた方が
仲介手数料も高くもらえる。中には、いくら以上で仲介できた場合は
別報酬を売主が支払うというのもあるくらいです。

結局、何も知らなかった買主が支払っているお金です。
不動産業界の裏情報知識として知っておくと役に経つかもしれません。

⇒中古住宅ランキングへ
スポンサードリンク

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/81633264

この記事へのトラックバック

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。