スポンサードリンク





中古住宅と新築物件の違い


中古住宅や中古マンションなど購入する時の手続きは
他の品物に比べて非常に難しく手続きも大変です。

全て不動産会社なのに任せてしまうと後々知らなかった為に後悔する方もおられますが
後の祭りです。特に税金面は後から気付く方が多いですので十分な注意が必要です。

物件の価格ですが、新築物件の状態が一番値段が高く
年数が経てば経つほど、安くなっていきます。

築年数が、30年近く経つと建物自体の評価はほとんどない為
中古住宅の方が新築物件よりも安いといえます。

しかしこのぐらいの中古物件になって来ると、リフォーム等
も考慮に入れていかなければいけません。

新築物件の場合は全て新築で最新の設備ですが、中古住宅の場合
全てが、最新の設備という事はありません。

仮に中古住宅で、新築と同じような敷地面積、間取りの物件が
あり、価格が1000万以上違う場合は検討してしまうでしょう。

しかし、中古の場合はこれと別に仲介手数料やリフォーム代金が
かかります。

仲介手数料は購入代金の約3%です。

(+6万円消費税)
リフォーム代金は事前にリフォームするべきところを
何度もチェックし、いくつか見積もりを取る方がいいでしょう。

この際のリフォームも不動産会社に任せてしまうのではなく
ご自信でリフォーム屋さんを探されるほうがいいでしょう。

不動産会社がリフォーム見積もりをした場合、提携先の業者にまる投げしてしまうケースが多く
実際のリフォーム代金よりも10%〜20%高くなるケースがあります。

リフォーム代金が安ければいいという事でもありませんが実際は
自分で工務店や設備関係の会社に依頼できると事は依頼されると大きく金額が変わってきます。

新築物件の場合は仲介手数料がかからないケースが多いですが
中古物件の場合は仲介手数料がほぼ間違いなくかかります。

おまけにリフォーム代金まで手数料を支払う必要はありませんので
中古住宅の購入を検討する場合はここをしっかり視野に入れておく必要があります。

⇒中古住宅ランキングへ
スポンサードリンク

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。