スポンサードリンク





手付金について


手付金は一般的には賃料の一か月分、売買物件の場合は
販売金額の約10%が相場となっています。

勿論、これ以上でも以下でも問題はありませんが、あまりにも金額が少ないと
不動産業者が受け付けてくれないケースや、後日追い金を求められます。

この手付金は、売買代金や賃貸の契約代金に充当されます。
同時に解約手付金となりますので注意が必要です。
契約書には難しい表現で書かれている場合が多いです。

「手付金は解約手付けとし、双方のいずれかが契約に着手しない場合、
借主は手付けを放棄して、また貸主はその倍額を支払って解除できるものとする。」
つまり、手付金を支払った時点で契約が成立しているのですが
残金を支払わない時点では、借主(買主)は手付金を放棄して

貸主(売主)は手付金の倍額を支払えば契約が解除できると言う事になります。

1度支払った手付金はよほどの事がない限り戻ってきませんので
注意が必要ですね。

ただし、重要事項説明書といって手付金を支払う場合には
必ず、この書面を宅建主任者が免許証を提示して説明する必要
ありますので、この説明を受けていない

または書面に捺印していない場合は、不動産業者に責任が
ありますので、業者に追求する事は可能です。


⇒中古住宅ランキングへ
スポンサードリンク

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。